2017/10/13 金曜日

スローピッチジャークでクロマグロを狙う!!

札幌のプロショップ「ノースキャスト/011-846-4400」さんから
お誘いを受け、福島町吉岡漁港の「Steel/090-8425-0788」さんに乗船。
既に4回のショップツアー全てでクロマグロをキャッチしているとのこと。
素晴らしいスタートを切っています!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

港から30分ほどでポイント到着。
40~80mラインの棚を狙います。
複雑な潮流の中を船はドテラに流しますが、
ジグのウェイトは200g前後にフィックス。
緩い場所では深めの棚を、潮の早い場所は浅めの棚を狙いました。
潮の早い場所はロングフォールを入れて、
少しでもルアーにフォールアクションを与えます。

船下に反応が多くなって来た頃、同船者にヒット。
自分も潮流の早いところで、フォールアクションでヒットしました。

南海のキハダイメージでは30キロを少し切るくらいの体長ですが、
船長推定で30キロオーバーを宣言。
ネットイン後に素早くリーダーカットしフックを外し、
船長と一緒にリリースしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2日間で同サイズを皆で4ヒットしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ノースキャスト平中氏とは久米島のSPJキハダマグロを一緒に狙う
釣り仲間です!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青森の生田釣り具さんでもSPJクロマグロのチャレンジが始まっており、
Steelの菊池船長との出会いにインスピレーションが働いたのでしょう。

お誘いいただいた今回、太糸・短いファイト時間・リリースをテーマとしました。
対岸の青森県ではキャスティングゲームが確立し、
更に未成熟魚のリリースが必要な状況で、
新たな狙い方となるSPJにネガティブな印象を与えない様にするためでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同日、同じ海域でFB仲間もSPJで釣果を出しています。
これから多くの仲間が様々なアプローチで挑み、情報共有することで
北のSPJクロマグロが確立できたらと思います。