NewブルーヘブンL80/パワー編

NewブルーヘブンL80/パワー編

北海道松前沖のSPJクロマグロゲーム

リリースを間近に控えたBHL-80。数字が示すサイズ以上の、強大なパワーを発揮するというそのポテンシャルを確かめるため、2台のプロトモデルを携えた西本康生は北海道松前沖に向かった。ターゲットは魚類屈指のスピードとパワーを有するクロマグロ。相手にとって不足はない!?

スタジオ・オーシャンマークが先陣を切って取り組み、そのノウハウを築きあげてきた沖縄県久米島を舞台にしたスローピッチ・ジャーク・ジギングによるキハダゲーム(以下、SPJキハダ)。マグロをSPJで狙って釣るそのスタイルは、沖縄本島をはじめ、九州、四国地方などにも拡大。この流れを受け、、北海道道南地区の松前沖でも、クロマグロに照準を合わせたSPJに注目が集まりつつある。

シーンの動きを受け、SOMでは発売間近のブルーヘブンL-80最終プロトモデルのテストフィールドとして松前沖を選択。魚類屈指のスピードとパワーを持つクロマグロを相手に最終確認を行なった。

北海道松前沖に持ち込んだBHL-80プロトモデルは2台。ともにPE4号を600m、フルに巻き込んで使用した。

 

BHL-80の開発にあたっては、単純なサイズ展開の一環ではなく、フィールドや対象魚を前提として進められた。アドバイザーを務めたアングラーは西本康生。西本によれば、BHL-80開発のベースとなったのはBHL-50という。

「BHL-50で30、40kgのキハダを釣るのはゲーム性があって、とても楽しい。でも一般の人がファイトしているところを見ると、少しパワー負けして時間ばかり掛かってしまうこともあるように思えた。でもBHL-120だと、少し持て余す。BHL-50と120Nの間のサイズが欲しい。そう思ったのがBHL-80開発のスタートです」(西本)

50kgまでのクロマグロを想定するならPE4号を600m巻き込んだBHL-80をセレクトする、と西本。50kg以上のクロマグロを狙うのであれば、BHL-120N、BHL-120とサイズアップして挑んでいくのが基本スタンスだ。

スピードもパワーも最高峰のクロマグロを獲るには、リールに多くの能力が求められる。ここではまず、「パワー」に注目してみる。BHL-80が生み出すパワーは、80という数字が示すサイズ以上、という。

「まずはフレームの剛性が凄い。自分が入力した力がそのまま巻き上げの力に変わる、そんな感覚ですね」(西本)

言葉通り、BHL-80は、BHL-30、50に比較するとフレームのネジレ、タワミが大幅に低減されている。リールは回転体。スムーズな巻き上げを実現するには、ボディ、スプール軸を水平に保つことが重要。ボディのネジレ、タワミを少しでもなくすことは、剛性アップ、力強い巻き上げに直結する。

剛性の向上に大きく貢献しているのが、左右のプレートをまたぐようにセットされているブリッジの構造だ。先代のBHL-50ではフレーム内壁の肉厚にブリッジ根元のサイズが制約されていた。現行のBHL-120も同じだ。サイズが大きいBHL-120ではこの形状であっても十分な強度を確保できる。しかし、より小型のBHL-30、50ではこの構造変更による剛性アップの効果は大きい。そこで、現行のBHL-30、50から新形状のブリッジを採用、BHL-80でもこれを踏襲した。BHL-80が軽量設計でありながら強度確保を実現している一因だ。

BHL-80のボディ剛性の高さに大きく貢献している、両プレートをつなぐようにセットされているブリッジ。ボディのネジレ、タワミが大幅に低減、力強い巻き上げを実現してい

 

また、BHL-50に比較し、スプール軸はより太く、軸受は6パイを採用することでタワミ強度を大幅にアップ。さらにスプール軸に装着される逆転止めのストッパーベアリングは、BHL-120譲りの2個連結仕様を採用。強度アップに大きく貢献している。

ハンドルアームはBHL-120と同じ厚さのアルミ材を採用。焼き入れ手法、そして穴をなくしたデザインに変更することで、力強い巻き上げにひと役買っている。

以上のごとく、BHL-80は各部すべてに渡り、パワーアップに手抜きはない。

「あとはギヤーかな。カチッとした感触がある。トルク感が凄い、と実感してもらえると思います。BHL-50に比べてスプールの外周が大きくなっているので、スピードを確保したままでギヤー比が落とせる。やはりパワーアップした感じがありますね」(西本)

BHL-80の十分な肉厚を持った大型ギヤーボックスには、直径58.5mmの高力真鍮製、マシンカット大型ドライブギヤーが収まる。このサイズはBHL-120と同じだ。ドライブギヤーには、ひとつひとつの歯が大きく、しっかり噛み合うマウンテンモジュールを選択。万が一、ギヤーに傾きが生じても、ひとつひとつの歯がしっかりと噛み合ってくれる。また、歯の角度は0度のスパーギヤーを採用。斜めに噛み合うヘリカルギヤーと比べ、回転にともなう音は大きくなるものの、力強い巻き上げが可能となる。ギヤー素材や形状にもパワーアップの秘密がある、というわけだ。

2回の松前釣行を通して西本が得たヒットは6回。そのうちキャッチは2回、オールリリースだ。リリースしたのはすべて30kg前後のクロマグロだった。

「BHL-80Hiをメインに使いました。潮流が6ノット前後と、とても速く、魚の走りに潮のパワーも加わる状況でした。それでもBHL-50Hiに比べて圧倒的に速く寄せることが出来た。ヒットレンジは50〜60m。ラインは80mほど出ていたので、アクション時はハンドル一回転で100cmから105cmくらい巻き取れる状況でした。BHL-50Hiの場合だと同じ条件で90〜95cm。スプール径が大きいので、同じハンドル一回転でも巻き取るスピードが速い。それでいてギヤー比はBHL-50Hiの1:6.3に対して、BHL-80Hiは1:5.9。つまり楽に、速く巻き取れる。速さとトルクの大きさをともに実感できました。松前沖のクロマグロゲームでは、リリースが大前提。スピードキャッチにつながるということは、とても重要だと思います」(西本)

遠くに津軽半島を望む。真夏のようなベタ凪だが、意外に秋もこんなフラットな状況も多いという。お世話になったのは人気船「Steel」。

 

BHL-80では、ハンドル長さは110mmと98mmの2つを選択できるコンバーチブル方式を採用している。西本は今回の釣りで98mmをチョイスした。

「98mmのテクニカルパターンで使用しました。110mmのパワーパターンに対し、食わせるアクションを演出しやすい利点がありますが、30kg前後のクロマグロではパワー面も十分でしたね」(西本)

実釣テストではクロマグロを相手に、パワフルな巻き心地を堪能。十分な手応えを感じたようだ。

水深は最大で150m前後までを探った。ヒットレンジは30~60m。中層を丹念に探るのがセオリーだ。キハダ同様、決め手はフォールアクションとなることが多いという。

 

飛躍的に剛性をアップしたボディ、大型のギヤーに太軸のシャフト、大型ベアリング、さらにパワーアップした大型ハンドルの採用など、BHL-80には巻き上げ力をアップするための、SOMがこれまで培ってきたノウハウをつぎ込まれている。すべてはハンドルに入力された力をロスすることなく、確かな巻き上げ力に変換するためのテクノロジー。巻き上げのトルク感、パワーの凄さは準備段階でのラインの巻き込み作業だけでも実感できるはず、と西本。パワーの飛躍的な向上は、誰でもが簡単に感じることができる、ということだろう。