NewブルーヘブンL80/近海編

NewブルーヘブンL80/近海編

北海道積丹沖SPJブリゲーム

リリースを間近に控えたBHL-80Pw。パワーはもちろん、トルクも十分に確保されているリールだ。しかし、それだけではない。近海の釣りでも十分に活躍する繊細な「操作性」を重視した設計。これこそが、大きな特徴でもある。今回、最終プロトモデルを携えた西本康生が、北海道積丹沖を舞台にブリゲームを展開。狙いは10Kgオーバー。首尾やいかに?

北海道では歴史の長いジギングフィールド、積丹沖。比較的変化が少ないフラット気味なボトム形状が特徴。今回は50~70mを中心に釣った

近海ゲームの人気ターゲット、ブリ。出世魚の代表格であり、サイズによってその呼び名は地域によって大きく異なる。しかし、10Kgを超えるサイズは、いずれの地域であってもブリ。北海道積丹沖で展開した、ブルーヘブンL-80 Pwのテスト釣行。その目的は、誰はばかることなくブリと呼べるサイズを釣ることだった。

アングラーはご存知、スローピッチジャークジギングの名手、西本康生。SPJでのブリ狙い、まずは西本の基本セオリーを確認した。

「大型ブリは底付近で釣れることが多い。底から離れた上のレンジでは、イナダやワラサクラスがヒットしてくる傾向があります。砂や砂利場にときおり岩礁帯がまじるようなフィールドでは、ドテラで流すことも多い。ジグが浮き上がりやすい流し方ですが、この流し方で釣る場合は、とくにジグが底付近をなめるよう、タナが上がり過ぎないよう心がけています。リーダーを4~5ヒロ(約6~7.5m)と長くセットして、その重みでジグを浮きにくくして対応したりもします」

とにかくボトム付近、これがキーワードのようだ。では、アクションパターンの基本は?

「一定のリズムではなく、動かし方に緩急をつけます。とくに大型は後ろから追ってきて捕食するケースが多い。だから、上下左右に大きく動かすことは避け、ジグがS字を書いて泳ぐような動きを出すよう心掛けています。水深70~80m程度までのドテラ流しの場合、ボトム付近で引っ張り上げ、これを送り込むようなイメージで釣っていくことが多いですね」

垂直方向、バーチカルで狙う場合もドテラ流しで狙う場合と同様の攻略法が基本となる、と西本。

「ボトム付近を狙うのが基本、というのは同じ。細かい動きを出してしまうと小型が反応してしまうので、モサッとした動き、キレを抑えた動きで誘うことを心掛ける。意識するのはフォール。フォールスピード、距離のコントロールを意識して動かしますね」

バーチカルで狙う場合でも緩急がキーワード。スローで一定なアクションパターンだけでは、なかなか食わせることが出来ない。速巻きを入れてからゆっくり落とすなど、誘って食わせることを意識することが大切だ。

「ドテラ流しのように、斜め方向に、水深に対してラインを多く出して釣っていく場合は、ハンドル一回転の巻き取り量が少ない小型リールでは、ボトム付近で効果的なアクションを演出しづらい。潮が速い釣り場、状況でも同じことが言えます。スプール径が大きく、しかも幅に余裕を持たせたBHL-80 Pwなら、ハンドル一回転の巻き取り量が多いのはもちろん、巻き取り量の変化が少ない。巻くたびに巻き取り量が変わることを気にしながら釣りをする必要があまりなく、同じアクションを繰り返せるのはありがたい。ボトム付近を重点的に攻めたいブリ狙いの場合はとくに必要な性能です」

西本はジグが潮を噛む抵抗感、その感覚に応じて、ジャーク幅や強さを変えてアジャストしている。この調整は探るレンジの幅が広くなればなるほど、その必要性が増してくる。しかし、可能ならばいずれの水深であっても、できるだけ同じ動作を繰り返して釣りたい。スプール径が大きく、幅に余裕を持たせたBHL-80 Pwなら、巻き取り量の変化が少ない。状況にアジャストすることにあまり神経を使わずに釣り続けることが可能なのだ。

釣行時の積丹沖ではラフコンディションに見舞われる時間帯もあった。こんな状況下では、ハンドル一回転の巻き取り量の変化が激しいと、より安定した動きを出すのが難しくなってしまう。

「アジャストする必要性が低いだけでなく、無駄に大きい動きをしなくてもいい、というメリットもあります。ドテラ流しの場合、たとえば水深90mでラインを130m出して釣っている状況では、スプール径が小さかったりスプール幅が狭いリールだと、手元の動きがジグに伝わりにくい。しっかり動かそうと思えば、それだけ大きな動きをしなければならなくなります」

効率的で実効力のある釣りを展開する、という意味でもBHL-80 Pwの、速く、楽に巻くことができる性能は威力を発揮する。

「ドテラ流し、バーチカルを問わず、ジグにアクションが伝わり切らず、自分のコントロール外にあると感じたら、すぐに回収して再投入することを心掛けています。BHL-80 Pwは、パワーギヤーモデルでありながら巻き取りが速くて楽。遅くてつらいと、回収するのがおっくうになってしまう。それが、上手く操れてない状況で無駄な釣りをすることにつながってしまう。BHL-80 Pwなら、どうしようかな?と思うより、回収しちゃえ!って感じになる。釣りのテンポがよくなるし、なによりもコントロールできる範囲内にジグが入っている時間が長くなる。これはとても大切です」

ファイト中! 入力したパワーがロスされることなくダイレクトに巻き取る力に変換される、そんな感覚で巻ける、と西本。BHL-120譲りのコンバーチブルハンドル(今回は98mmで使用)も一役買っている

ヒット後、ブリは根に走っていくタイプの魚ではない。しかし、そのスピード、トルクは決して侮れない。掛けたあとにリールに求められるもの、なかでも気になるのはドラグ性能だ。「ブリを狙う場合は、それほど強い負荷のドラグは必要ないと思います。最大値の高さより、安定感がほしい。BHL-80 Pwに使用しているドラグワッシャー、『G40』はカーボンワッシャーに近い滑り出しのスムーズさがある。走らせて獲るタイプの釣りのなかでも、10kg前後の魚を釣るにはちょうどいい使用感だと思いますよ」

BHL-80Pwに使用しているドラグワッシャー「G40」は、SOMが日本国内の専門メーカーと共同開発した独自マテリアル。コルクと接着剤を主材に、2回の圧縮工程を経て誕生する(ダブルコンプレッション製法)。コルク廃材をゴムで固めてスライスしたラバーコルクはもちろん、一般的な圧縮コルクに比べ、その表面が非常に滑らかに仕上がっているのが特徴だ。

しかし、滑らかとはいえコルク。設定したドラグ値よりも若干重めにドラグ作動するので、不用意にドラグが滑ることなく、魚の走りを速く止めることに貢献してくれる。また、ドラグパワーを出しやすく、他素材に比較し、リールへの様々な負荷を少なく出来る。限界時は表面が焦げ、ドラグパワーが低下するのも特徴のひとつだ。

ロッドを曲げてやり取りする釣り、つまりガイドへの抵抗も負荷に利用できる釣りでは、スムーズさが特徴のカーボンワッシャーに利点が多い。しかし、ロッドをほとんど曲げることなく、ほぼリールのみでのダイレクトなやり取りを特徴とするパワー系のSPJでは、適度な滑らかさとパワーを発揮する「G40」は、理想的なドラグワッシャー素材と言える。一般的なカーボンワッシャーに比べると、ドラグの最大値が出しやすいのも「G40」の特徴だ。

滑り過ぎない、アングラーの感性に訴える絶妙な効き具合。独自マテリアル「G40」を使用したドラグワッシャーが、「いい仕事」をしていた。

BHL-80 Pwの巻き取りのパワー感、スピードは、アングラーに大きなアドバンテージを与えてくれる。「大きな魚を釣るには単純に力がいる。BHL-80 Pwはトルクのある引きに対応するのはとても楽だと思います。とくにドテラ流しの場合、魚の重さ、走るスピードに船の流れるスピードが加わることが多い。ラインも水深以上に出ているケースが大半。パワフルに巻き取れるリールはアングラーの負担を大きく軽減してくれます。8Kg、9Kgといったヒラマサがまじる、玄界灘のような釣り場でも、BHL-80 Pwのパワーは重宝します」

今回のテスト釣行では、残念ながら目的とした10Kgオーバーのブリには出会えなかった。手に出来たのは6Kg弱。BHL-80 Pwであれば、余裕を持って対応できる相手だった。

ブリには少し届かない6Kg弱。手にした数も多くはなかったが、西本はBHL-80Pwの力強さ、堅牢性に確かな手応えを感じていた。

「やり取りだけを考えるなら、今回の魚ではオーバーパワーだったかな。グイグイと余裕を持ったやり取りが出来ましたね。ドラグは緩めに設定していましたが、滑り出しはスムーズ、まったく触る必要がなく、とても安定していました。やり取りだけを考えるなら10kg前後からそれ以上の魚を釣りたいリール。ただ、ブリ狙いのなかでも70~80m以深の釣り、ヘビーウエイトのジグ、ドテラでラインを長く出す釣りなどの場合は、ジグアクションや回収などの、魚を掛けるまでの段階でBHL-80 Pwのサイズ感はとても使いやすい。利点は多いですね」

釣ろうとする魚のサイズにリールサイズを合わせる、この考え方はリールセレクトの基本だ。しかし、リールに必要とされる操作性やパワー、スピードを重視してリールサイズをセレクトする考え方も存在する。一歩抜きんでた釣りを展開するためには必要な考え方でもある。思い描く釣りを展開するためのリール選び。ぜひ一考していただきたい。