NewブルーヘブンL80/沖縄中深海編

NewブルーヘブンL80/沖縄中深海編

Okinawa中深海のニューターゲット

沖縄本島で三大高級魚のひとつとして親しまれているアカマチ(ハマダイ) 餌を使った深海釣りでは人気のターゲットですが、ジギングでのメインターゲットとして狙うアングラーの少ない中、昨年から本格的に狙い始め、少しずつではあるが良い釣果が出せるようになってきています。

中深海は様々な魚のコンタクトがある

そんな中、リリースが待たれるブルーヘブンL-80を持ち込みアカマチ狙いの中深海ジギングで使用してきました。 今回のアカマチジギングのポイントとなる慶良間諸島周辺には広大なフィールドがあり、ポイントの水深は300~400mの岩礁帯。 この日の潮流は素直で底取りもしやすく比較的釣りのしやすい一日であったが、日によって速い潮流に悩まされる事も少なくない。 特に沖縄本島周辺海域ではこれから夏場にかけて、二枚・三枚と複雑な潮流に悩まされる日が多くなってきます。 そんな過酷な状況で真価を発揮してくれるのがセミワイドスプールになったBHL-80! 比較的緩い潮の時間が多かった今釣行、水深350mのポイントでも着底時ラインマーカーではプラス20~40m程実際の水深より多くラインが出てしまいます。 その際巻き上げ量の変化の大きなリールだと糸ふけの回収に時間がかかり根掛かりの原因になってしまうが、BHL-80はセミワイドスプールのおかげでハンドル一回転あたりの巻き上げ量の変化が少なく、素早い糸ふけの回収が可能になりました。 実際に使用して一番に感じた事は、私は手が小さい方で、中深海でのジギングで大型リールを使用する際、たまにしっかりとリールを握り込めずに上手くジャークできなかったり、パーミングがしづらいといった事がありましたが、BHL-80だとリールをしっかりと握り込む事ができてその心配が殆ど解消されました。 そして何より、これまで中深海ジギングで使用してきたBHL-120・BHL-120Nに比べかなり軽量になった(BHL120と比べ180gも軽い)ので、一日中ベビージグをジャークしても疲れにくくなったのを実感することができた。 女性や少し非力なアングラーの方でもストレス無く、楽に中深海ジギングを楽しめるモデルだと思います。

コンパクトなボディーは手の小さなアングラーでも非常に持ちやすい

今回、那覇北マリーナのボートフィッシング「MANBOO」さんにて、エサ釣りの皆さんに混ざってのアカマチジギングとなりました。 アカマチ(ハマダイ)は朝・夕マズメ時にバタバタと釣れだす事が多いので、朝イチのゴールデンタイムを期待するが一流し目で太刀魚(オキナワオオタチ)が現れグローの強いジグをロストしてしまう。 二流し目は少しグローを抑えたジグに変え、タチウオからコンタクトがあった棚から少しジグを離し大きめのフォールをいれた直後、ズシリとロッドに重みが乗った後にズルズルとドラグを出すトルクフルな走り。 大型のハマダイと確信し丁寧なリーリングでのやりとり。 大型のハマダイはヒットした直後からランディングまで抵抗を繰り返す事があり、大きなウネリのある時には糸ふけを出してしまいがちでバラしの原因になりますが、今回使用したBHL-80は巻き上げ量の変化が少ないおかげで糸ふけを出す事なく安心してやり取りができました。 そして最後まで抵抗して海面に姿を現したのは7キロ近い丸々と太った、赤くキラキラと輝く本命のアカマチ! 船長・同船したアングラーとハイタッチを交わし喜びを分かち合いました。 沖縄海域におけるアカマチ(ハマダイ)をターゲットとしたジギングはまだまだスタートしたばかりで手探りな状態ですが、やはり県内でも人気の魚種であり、なんといっても最高に美味しい魚なので是非多くのアングラーにチャレンジしてもらいたいです。

グッドサイズのアカマチ(尾長ダイ)をキャッチ

これから新しいジギングのターゲットとして狙い続けていきたいアカマチ(ハマダイ)ですが、この釣りを通してバックリミットや産卵期の自粛等、自分にできる事を少しずつやっていって、アカマチジギングを長く楽しく続けていける環境を作っていけたらと思っています。

BHL80とアカマチ
これからのニューターゲット!