Ocean TWIN オーシャンツインの使用方法/セッティング編

Ocean TWIN オーシャンツインの使用方法/セッティング編

フィッシングガイドサービスMorizo
後藤盛崇

スタンダード、ロング、スーパーロングとラインナップされたオーシャンツインは、ルアーの種類や
構造によって使用フックの選択が可能となりました。
各メーカーからリリースされているルアーの数は膨大で、アクション、フッキングのバランスには
それぞれにそれぞれの適切なフックセッティングがあります。
今回の記事ではお客様が使用する全てのオフショアキャスティングルアーにおける基本的な
セッティング方法をご紹介致します。

[フロントフックの基本セッティング:3/0フック推奨ルアーの場合]

スイベルアイのルアーにはBBS88-3/0-05mm

 

スイベルアイにフックを装着する場合、スイベルのフレキシブル効果でルアー自体に可動域の広さと長さが
出ているため一番短いスタンダードタイプ05mmフックを装着します。針絡みが少なくフッキング後の
バレの少なさに繋がります。
また、ロングタイプのプラグやポッパーなど太めのボディ形状のルアーにはロングタイプBBS88-3/0-15mm や
1サイズ大きな番手のBBS88-4/0-05mmによってフックポイントを効果的に働かせる事ができます。

固定アイのルアーにはBBS88-3/0-15mm

 

固定アイにフックを装着する場合、ルアー自体のフック可動域が少なくルアーとの距離が短いため
ロングタイプの15mmフック装着します。可動域が増すため全力で動く魚に対してフッキング率が
がりバレの少なさに繋がります。

[リアフックの基本セッティング:3/0フック推奨ルアーの場合]


針金巻き付けアイ、固定アイ共に共通BBS88-3/0-05mmかBBS88-3/0-15mm

 

リアは針金巻き付けアイ、固定アイ、どちらも内円周が大きいため可動域が広くスタンダードタイプ05mmか
ロングタイプ15mmフックを装着します。フロントフックを決めた後、リアフックが干渉しないタイプを
選んで装着ください。スイベルアイ同様針絡みが少なくフッキング後のバレの少なさに繋がります。

スタンダード、ロング、スーパーロングとラインナップされたオーシャンツインのうち、基本セッティングには
スタンダードとロングタイプを主に使用します。
更に、波、潮、そして魚の変化に対応するため、スーパーロングを中心にチューニングでこんなに釣りが
変化するよ!
と言った記事を続きでご紹介致します。

次回チューニング編へ続く